奥華子さんの歌詞を掲載するサイト
曖昧な唇 

■作詞 : 奥 華子  ■作曲 : 奥 華子  ■歌手 : 奥 華子

好きという言葉では 物足りなくて
愛してるなんて 大袈裟な気がしてた
あなたを表す ちょうどいい言葉は
この部屋のどこかに 落ちているのかな

満たされない寂しさを お互いに持ち寄って
今と自分を誤魔化してるだけだと知ってても
強がりな私の声 弱気な溜息も
あなたの唇で 塞ぎ込んでくれた

愛という束縛と 自由という孤独の間が
二人には きっと ちょうどいい
何も聞かないで ただ微笑んでいて
ドアを開ければ また私も忘れるから


心の拠り所は 一つじゃなくていい
自分をまた甘やかすことに慣れてゆく
何も待たなければ 何も失くすことはない
得意げに言っていた ねえ 私を笑って

愛という束縛と 自由という孤独の間で
しばらくいさせてほしかった
あなたを表す ちょうどいい言葉は
やっぱりどこにも見つからないまま

好きという言葉では 物足りなくて
愛してるなんて 大袈裟だったのに

君と僕の道 (通常盤) [奥華子]

発売日 : 2014-03-19
メディア : CD
ディスク枚数 : 1 枚
発売元 : ポニーキャニオン
ASIN : B00IAKH8ZC
価格 : ¥ 2,857

君と僕の道 (初回限定盤) [奥華子]

発売日 : 2014-03-19
メディア : CD+DVD
ディスク枚数 : 2 枚
発売元 : ポニーキャニオン
ASIN : B00I2MGGEC
価格 : ¥ 3,333