奥華子さんの歌詞を掲載するサイト
奥華子 2nd Letter 習志野文化ホール
(2008年07月01日)

 

6月27日に習志野文化ホールにて行われた
奥華子 CONCERT TOUR '08 ~2nd Letter~に習志野公演に行ってきました。
全国21箇所のツアーを終え、ラストを飾るのは華子さんの地元ということで
盛り上がること必至のツアーファイナル。
華子さんにとって特別な場所と言える
津田沼駅よりすぐ近くにある習志野文化ホールには
若い人から年配の人まで幅広い世代の方が来られていました。
この習志野文化ホールは1500席ある大きなホールには珍しく2階席が無く
ツアーファイナルという事も相俟ってか客席が一体となって盛り上がりました。

 

MCでは津田沼駅前での路上ライブやカウントダウンの思い出話や
津田沼駅はホームが船橋市で改札は習志野市だとか、
小学生の頃によく行ったイトーヨーカードの包装紙の匂いが大好きなど、
地元ならではのトークで場を和ませていました。
また、他の会場では歌われなかった「僕が生まれた街」が選曲されたりと
ファイナルらしいサプライズもあり、嬉しいライブとなりました。

今ツアーお馴染みのご当地カバー曲コーナーでは
客席からは「マザー牧場」「ディズニーランド」「なのはな体操」などが挙がる中
千葉と言えば赤眼鏡のシンガーソングライターしかいないという事で「奥華子」に。
さすがに自分の曲をカバーする訳には行かないということで
華子さんが初めて買ったCDで、ドラマ「あすなろ白書」で流れていた
エルトン・ジョンの「Your Song」が歌われました。

そんな特別なツアーファイナルは、ただでは終わらないという事で
アンコールでの「やさしい花」と「HAPPY DAYS」を歌い終え
これでライブも終了とおもいきや、ダブルアンコールで華子さんが再び登場!
「どうしても歌いたい曲があるのですが歌ってもいいですか?」と言って
ファンへの感謝の気持ちを込めて「タイムカード」を歌ってくれました。
そしてラストは「自由のカメ」で大合唱!
ステージから飛び降りて客席中を走り周りながら煽る華子さん。
ツアーを締め括る最後のライブは3時間にも及ぶ内容の濃いライブとなりました。
会場全体がスタンディングオベーションに包まれる光景は感動的でした。
ライブ後には客席と一緒になって記念撮影が行なわれ
オフィシャルブログにて写真が掲載されています。

 

そして11月、12月には初のバンド形式でのツアーが決定!
これまで一人での弾き語りでのライブを通してきた華子さんにとって
賛否が分かれることでしょう。
それでも自分は思います、あの習志野での光景を見て
奥華子という人の新たな可能性を見てみたい。
バンドでも何でも、やっちゃえばいいじゃない。
きっとファンの期待に答えてくれる事を信じて。

今回のツアーでは、関内、岡山、広島、大阪、高松、名古屋、習志野と
計7箇所に参加させていただきました。
同じようなセットリストでも、その会場によって色々な思い出があります。
関内で初めて聞いた「明日咲く花」で号泣し、岡山ではインディーズ時代の曲で
音源化されていない「泡沫」が聴けたり、全国各地でのカバー曲コーナーでは
普段の華子さんとはまた違った魅力を感じたりと、楽しい2ヶ月を過ごせました。
本当におつかれさまでした。

セットリスト

1.変わらないもの (P)
2.手紙 (P)
3.しあわせの鏡 (K)
4.帰っておいで (K)
5.僕が生まれた街 (P)
6.ガーネット (P)
7.楔 (P)
8.紫陽花 (K)
9.太陽の下で (K)
10.Your Song (P) (エルトン・ジョン)
11.境界線 (P)
12.透明傘 (P)
13.迷路 (K)
14.伝えたい言葉 (P)
15.明日咲く花 (P)
(アンコール)
16.やさしい花 (P)
17.HAPPY DAYS (K)
(ダブルアンコール)
18.タイムカード (P)
19.自由のカメ (K)

★全国カバー曲★

横浜 : ラブストーリーは突然に (小田和正)
浜松 : 大きな古時計
富山 : 青春の影 (チューリップ)
福井 : ハナミズキ (一青窈) 
新潟 : 君がいるだけで (米米クラブ)
岡山 : さくら (森山直太朗)
広島 : 楓 (スピッツ)
松山 : プラネタリウム (大塚愛)
栃木 : 渡良瀬橋 (森高千里)
福岡 : チェリー (スピッツ)
熊本 : M (プリンセスプリンセス)
宮崎 : PRIDE (今井美樹)
渋谷 : 夜空ノムコウ (SMAP)
大阪 : どんなときも (槇原敬之)
高松 : 瞳をとじて (平井堅)
仙台 : Swallowtail Butterfly~あいのうた~ (YEN TOWN BAND)
金沢 : 元気を出して (竹内まりや)
札幌 : LOVE LOVE LOVE (DREAMS COME TRUE)
埼玉 : 木蘭の涙 (スターダストレビュー)
名古屋 : 雪の華 (中島美嘉)
静岡 : 空も飛べるはず (スピッツ)
千葉 : Your Song (Elton John)

関連記事