奥華子さんの歌詞を掲載するサイト
奥華子 2nd Letter 横浜・関内ホール
(2008年04月26日)

 

4月19日に横浜関内ホールにて行われた
奥華子 CONCERT TOUR '08 ~2nd Letter~横浜公演に行ってきました。
全国22ヶ所で行われる今回のツアーも、この日が初日。
関内ホールは1100席もある比較的大きなホールですが
初日という事もあって多くのお客さんで賑わっておりました。

開場後はツアーグッズを求めるお客さんで長蛇の列。
一部のグッズが売り切れるほど大盛況でした。
現在ツアー中で公演内容に触れますので、続きを読む方はネタバレにご注意ください。

 

今回のツアーもグランドピアノとキーボードによる弾き語りというシンプルなスタイルで
3rdアルバム「恋手紙」の曲を中心に、新旧色々な曲を織り交ぜ歌ってくれました。
静寂と緊張感の漂う中、一曲目に歌われたスローテンポ気味に
アレンジされたグランドピアノによる「変わらないもの」が魅力的に仕上がっていて
開始早々から奥華子の世界に惹きこまれてしまいました。

MCで「皆さんと会話しているようなライブにしたい」と言っておられた華子さん。
前回の1st Letterでも手拍子ありで盛り上がった「太陽の下で」では
開場時に配布されたチラシの中に入っていた
華子さんからのメッセージに「太陽の下で」の歌詞が書いてあり
サビの部分では客席と一緒になって歌い盛り上がりました。

ライブ中盤にはご当地に関係したアーティストのカバー曲を歌うコーナーがあり
華子さんの「横浜出身のアーティストといえば?」の問いに
客席から「ゆず」や「湘南乃風」が挙がる中「オフコース」の声に
小田和正さんは横浜出身なんですよねという事で「ラブストーリーは突然に」を披露。
1st Letterでのギター弾き語りの余興も楽しかったですが
こちらも各会場で何が歌われるか楽しみです。

終盤には以前、高熱を出して寝込んでしまった時に
華子さんの世話をするために実家から出てきてくれたお母さんのエピソードを紹介。
普段中々面と向かって言えない両親への
感謝の気持ちを込めて歌われた「伝えたい言葉」は感動。

 

そして最後に歌われたのはNHK BShi 「世界一周!地球に触れる・エコ大紀行」の
イメージソングになっている新曲「明日咲く花」。
今回のツアーで初めてフルで披露してくれました。
また、この曲は7月23日に7枚目のシングルとして発売される事が発表されました。
壮大なテーマのもとに作られたこの曲は
華子さんの優しさや強さが沢山詰まった素晴らしい曲で
これからの奥華子を代表する一曲になる事を確信しました。

アンコールではデビュー曲の「やさしい花」と
つい3日前に出来た、まだタイトルも無い新曲を披露してくれるというサプライズ。
タイトル未定の新曲はアップテンポで手拍子ありで盛り上がりました。
来月の渋谷C.C.Lemonホールの頃にはタイトルも決まっているのではないかとのこと。
1st Letterの時とは、また違った魅力のある楽しいライブでした。

セットリスト

1.変わらないもの (P)
2.愛されていたい (P)
3.しあわせの鏡 (K)
4.最終電車 (K)
5.ガーネット (P)
6.楔 (P)
7.笑った数 (K)
8.太陽の下で (K)
9.ラブストーリーは突然に (P) (小田和正カバー)
10.透明傘 (P)
11.鏡 (P)
12.迷路 (K)
13.伝えたい言葉 (P)
14.手紙 (P)
15.明日咲く花 (P)
(アンコール)
16.やさしい花 (P)
17.タイトル未定 (K)

関連記事