奥華子さんの歌詞を掲載するサイト
奥華子祭り COUNT DOWN & A HAPPY NEW YEAR
(2008年01月01日)

 

12月31日(大晦日)に中野サンプラザにて行われたカウントダウンイベントの
奥華子祭り COUNT DOWN & A HAPPY NEW YEAR お年賀付き に行ってきました。
チラシに注意事項で「奥華子大好き未満の方の入場はお断りさせていただきます」と
書かれており、常識外れのカウントダウンと銘打ってるだけあって
歌だけでは無く、ゲームやビデオ上映があったりと
ファンクラブイベントに近い内容でした。
この奥華子祭りの前に行われたツアーファイナルよりも若干多い人が
観に来られているように見えました。

ステージにはお馴染みのKAWAI SPECTRAのキーボードとピアノに2台。
バックには紅白の幕に大きなスクリーン、左右には門松と
とても、いつもの華子さんのライブとは雰囲気の違うステージで22:30にスタート。
客席の扉から手拍子を煽りながら登場してそのままステージへ上がり
明るくポップにアレンジされた「空に光るクローバー」で幕が開きました。
その後、ステージに設置されたスクリーンを使って
主題歌を務めた「ちーちゃんは悠久の向こう」の主演を務める、
仲里依紗さん、林遣都さんの応援メッセージ映像や
路上ライブ時代から現在の奥華子までスライド写真で解説付きで振り返ったり
奥華子 弾き語り LIVE TOUR 2007 ~First Letter~の全国の会場で
ギター弾き語りで行われた企画「私を振った全国の男」のダイジェスト映像や
ツアー中の奥華子オフショット映像が公開されるなどライブと言うよりイベントでした。
オフショット映像では素の奥華子でドン引きされるかもと心配されていましたが
とても楽しく見させていただきました。

スクリーンを使うイベントが終了した後は「プレゼント」と「小さな星」を歌い
ここでカウントダウン数分前となり、会場のみんなとカウントダウンの練習に。
過去、カウントダウンイベントで度々失敗してる華子さんは緊張の様子でしたが
無事成功して新年を迎えることができました。
新年と同時に割られた大きなくす玉からは
「一分一秒 宝物 今年も一緒に 歳とろう!」の垂れ幕が下りてきました。
カウントダウン時の映像は奥華子さんのオフィシャルブログにてご覧になれます。

カウントダウンも終わり、新年を迎えて今度はbayFMの生中継が入り
新年一発目は「手紙」が歌われました。
その後「ガーネット」と2008年皆さんにとって笑顔いっぱいの年になりますようにと
願いを込めて「笑って笑って」を歌ってくれました。
3曲歌って、ここで生中継は終了。
今度は、そのままカメカメハウスの公開録音が始まりました。
番組ではお馴染みのコーナー「カメカメ生ライブ」では
カバー曲で徳永英明さんの「壊れかけのRadio」が歌われたり、
2008年カメカメハウスのスローガンを決定する「奥の細道」のコーナーが収録され
最後は番組のテーマ曲?「自由のカメ」を歌って終了。
その後は、奥華子さんの声入り目覚まし時計や写真入パネル、福袋が当たる
クイズ大会やジャンケン大会が行われました。

最後は歌って締めようという事で「愛のしずく」「伝えたい言葉」「やさしい花」が歌われ
最後はどうしてもこの曲を聴いて欲しかったと
ファンへの感謝の気持ちを込めて「タイムカード」を歌ってくれました。
タイムカード本当に感動しました。
やはりここでは終わらずアンコール。最後は「ta.la.la」を歌って終了。
中野サンプラザの2200席は埋まらなかったけれど
華子さんとファンとの距離が近く感じられた素敵なイベントでした。
写真はお年賀付きという事で最後に会場出口で貰った巾着袋入り鏡餅です。

セットリスト

1.空に光るクローバー (K)
2.プレゼント (K)
3.小さな星 (K)
4.手紙 (P)
5.ガーネット (P)
6.笑って笑って (K)
7.壊れかけのRadio(徳永英明カバー) (P)
8.自由のカメ (K)
9.愛のしずく (P)
10.伝えたい言葉 (P)
11.やさしい花 (P)
12.タイムカード (P)
(アンコール)
13.ta.la.la (K)

関連記事